仮眠 夜勤専従看護師求人

仮眠が取れる病院求人の探し方

看護師として夜勤で働く際、「仮眠が取れるかどうか」は大切なポイントです。

少しでも仮眠が取れると体力的に楽かな…と感じるナースも多いと思います。

逆に仮眠が無い方が集中しやすいと考える方もいますし、基準は人それぞれではありますが、仮眠=休憩と考えることも可能ですね。

仮眠時間だからと言って、必ずしも睡眠を取る必要はありません。

労働基準法では、「労働時間が8時間を超える場合は60分の休憩時間」と決まっています。

1回の夜勤で8時間を超えることが多いと思いますので、最低60分の休憩時間は得られるでしょう。それにプラスして仮眠時間が加わり、2時間〜3時間休憩できれば、体力的にも精神的にも楽ではないでしょうか

睡眠を取らなくても、身体を横たえるだけで体力回復できることもありますね。

では、どのように仮眠が取れる夜勤専従求人を探せば良いかと言いますと、看護師専門の人材紹介サービスを利用して下さい。

紹介会社・派遣会社は色々とありますし、様々な職業の求人案件を取り扱っている会社もあります。

しかしそのような一般的な紹介会社よりも、看護師なら看護師に特化した紹介会社の方が、希望のナース求人に巡り合う確率は高くなると思います。

まずは看護師紹介会社への登録から

「仮眠が取れる病院の夜勤専従」という条件指定の場合、その病院の内部事情に詳しくなる必要がありますし、看護師専門の紹介会社なら、専任のコンサルタントから様々な情報を聞くことが出来ますよ。

高給与で働けるが夜勤なしでハードな病院もあれば、仮眠2時間を確保できる病院もあります。

その辺りは求人票だけでは分かりづらい部分なんですよね。

ハローワークや転職情報誌でも夜勤専従看護師求人は見つかると思いますが、仮眠時間に関しては省略されていることもあります。

履歴書・職務経歴書を郵送して、面接まで進んで初めて仮眠時間の有無が分かる、仮眠なしのハードな職場だと分かれば、それまでの行動が水の泡になってしまいますね。

看護師紹介会社を活用することで、面接前に仮眠の有無が分かりますので、まずは人材紹介サービスへの登録から初めると良いでしょう。

その後に担当者が付きますので、夜勤専従の希望を伝えた上で、仮眠時間についても問い合わせてみて下さい。

夜勤専従看護師求人に強い紹介会社【※】 メニュー

夜勤専従看護師求人に強い紹介会社【※】 トップへ
夜勤専従看護師 常勤で働きたい
仮眠が取れる病院の夜勤専従看護師求人を見つけたい
夜勤専従看護師の求人でチェックしたいポイント