夜勤専従看護師 求人

夜勤専従看護師求人はこの人材紹介会社が強い!

看護師として短時間で高収入!を得るのであれば、やはり夜勤専従看護師としての働き方になるでしょう。

一般的な病院、急性期病院での夜勤であれば1回の夜勤勤務でで3万円〜4万円のお給料となります。

有料老人ホーム、老健といった介護福祉施設での夜勤は2万円〜が相場と言えるでしょう。

これから夜勤専従看護師として働き始めるにあたって「体力的に大変では?」と思われる方も多いと思いますが、日勤と夜勤でのシフトがないために生活リズムが作りやすいと言います。

夜勤が辛い・・・という常勤看護師の話をまとめると、仕事量もさることながら、やはり日勤があって夜勤がある、という生活サイクルの乱れが体力的にきつく、それが徐々に精神的にも辛くなってきて・・・といった場合が多いようです。

夜勤専従看護師として働く場合、月に8回出勤して働くとして、夜勤明けは仮眠したりしますからあまり動けないにしても、月の半分以上は休み。

十分に日中時間を確保することが出来ますから、育児や勉強の時間などを取ることが出来ますよね。

実際、そうした「仕事以外に確保したい時間がある」看護師が夜勤専従看護師として働く事が多いそうです。

お子さんがいるナースが夜勤専従看護師として働く場合も多いと言います。
寝ている間に働く事が出来るので、勤務日以外はしっかり家族のために時間を使えるため、育児中の数年間は夜勤専従看護師として働くのだそうです。

夜勤にも対応できる24時間託児所あり病院も多いですから、もし都合が悪く院内保育所が必要であれば、夜勤の際にも託児が出来る病院を探して求人へ応募されると良いでしょう。

病院によっては看護師の都合に合わせて、シフト変更の希望にも応じてくれる病院も多いです。
週に1回だけ働きたい、月に1,2回だけ夜勤で働きたい、といった都合に合わせて働く事が可能な場合も。

そうしたシフト、都合に合わせて働きやすい病院を探したい場合には、夜勤専従看護師の求人募集に強い人材紹介会社を利用されると良いですね。

マイナビ看護師

看護のお仕事お仕事

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

などが求人数も多いですし、無理の無い職場、希望条件に合わせて求人紹介を行ってくれますから、利用をおすすめします。

夜勤専従看護師のメリット・デメリット

夜勤専従看護師として働く場合、特に初めて夜勤専従で働く、という場合にはメリット・デメリットと両方ある事はしっかり理解されると仕事が続けやすいのかなと思います。

【夜勤専従看護師のメリット】

・高収入、高給与!

夜勤専従看護師として働く場合、やはり最大のメリットは高収入であること。

1回の勤務で3万円以上の給与も多いですから、少ない出勤回数でしっかり稼ぐ事が出来ます。

・勤務日数が少なくて済む

夜勤が連続することはありません。
希望の出勤回数、シフトによっては連休も多いです。
ですから、体力的な辛さを感じることも少ないと言います。

プライベートの時間を確保しながら、生活出来る分だけ働きたい、といった場合には常勤看護師として日勤・夜勤をこなすよりもピッタリの働き方でしょう。

連休も多いので、プライベートな時間はしっかり確保できます。

実際、お子さんがいても夜勤専従看護師として働いている方も多いです。
夜勤の時間帯は子どもも寝ている時間とかぶりますし、夜勤明けこそ眠いですが、勤務日以外は1日中家族のために時間を使えるので良いそうです

・託児所が使える病院もあり

家で子どもを見てもらえない場合であっても、夜間にも託児可能な24時間院内託児所がある病院を選べば、夜勤勤務中は子どもを預けておくことが可能です。

子どもが寝ている間に頑張って働いて、日中は子どもと過ごす。
そうした生活が可能なため、育児中の看護師にとってはとても都合の良い働き方が可能となります。

実際、シングルマザーの夜勤専従看護師も多いと言います。

【夜勤専従看護師のデメリット】

・体調管理が必要

日勤と夜勤と両方をこなす必要が無く、夜勤だけの仕事となりますが体調管理は必須です。

夜勤明けはしっかり仮眠する時間などは確保したいです

気が張っていて寝なくてもいけそう!と思っても、1,2時間でも寝るようにした方が良いでしょう。

体調管理がしっかり出来れば、プライベートの時間も確保しやすい夜勤専従看護師として、長く働く事が出来るでしょう。

体調管理に失敗し続けると、働き続けるのがやはり辛くなってくるようです。

・休みにくい

夜勤専従看護師は、最小限の人数でシフトの予定を組みますし、急に人を入れ替えるのは難しいです。

夜勤が連続する事は難しいですし、急に代替看護師の募集をする事も難しいですよね。
結局、体調が悪くても夜勤をこなす場合が多くなりますから、やはりここでも体調管理はしっかりしなければなりません。

・経験、スキルが必要とされる

夜勤専従看護師は少ない人数で様々な仕事を効率良くこなしていかなければなりません。

施設によっては看護師が1名体制といった日もあるそうです。

教えてもらいながら、仕事に慣れて・・・と言うことは難しい場合が多いです。
常勤の新卒看護師が夜勤に入る場合には、フォローのために手厚い人数の日に入ったりすることもありますが、夜勤専従看護師として勤務する場合は即戦力として考えられます。

そのため自分一人で必要な仕事が出来るスキルは、最低限求められます。
ですから、新卒看護師や経験の浅い看護師は夜勤専従看護師として働く場合には、途中で仕事が辛くなる事も多いようです。

何時何が起こるか分かりません。
夜勤専従看護師は少ない勤務でありながら、急変時にも適切な対応ができるように患者さんの状態を常に観察し、把握しておく必要があります。

ある程度、経験を積んでから夜勤専従看護師として働きはじめるナースが多いのは、こうした理由からのようです。

・夜勤専従看護師の常勤求人数が少ない事

夜勤専従看護師の常勤での求人数は少ないといえます。
パートでの募集が多いんですね。

常勤看護師として働きたい場合には、非公開求人となっていることが多いので、看護師人材紹介会社へ登録することが必要となります。

高収入で看護師勤務人数が多めなど、好条件の夜勤専従看護師求人へは応募多数となる事も多いため、非公開求人となる場合があります。

こうした好条件と言われる看護師求人を見つけるには、看護師人材紹介会社へ登録する事が必要となります。

地域的には全国各地、北海道・札幌から福岡など九州、沖縄まで夜勤が出来る看護師を募集している病院、介護施設は多いですが、やはり病院数の多い東京、大阪といった地域での夜勤専従看護師の求人が多いですね。

看護のお仕事

などの看護師人材紹介会社を利用する事で、お住まいの地域の夜勤専従看護師の正社員求人などを探す事が出来ますから、活用してみてはいかがでしょうか。

夜勤専従看護師の給料

夜勤専従看護師として、出来るだけ給料の高いところで働きたい!となると、選ぶべき職場としては、一般病棟での夜勤となりますね。

一般病棟での夜勤給料の相場としては、3万円とみて良いでしょう。
高額な給料として、夜勤1回4万円といった場合には、ハードワークな職場である事が多いですから、応募の前に具体的な仕事内容、看護師の勤務態勢(人数)なのかなどを確認されると良いと思います。

高齢者医療施設など福祉系の施設での夜勤専従看護師となると、給料の相場としては夜勤1回につき2万円〜3万円といったところでしょうか 3万円だと高い給料と言って良いでしょう。

夜勤専従と日勤・夜勤とこなす常勤看護師として働く場合で比較をすると、夜勤専従看護師の方が年収的には低くなります。

問題は、どのくらいの給料が欲しくて働く時間をどのくらいで抑えたいのかとなります。

1回あたりの給与は確かに夜勤専従看護師の方が高いように見えますが、通常の交代勤務と同程度の勤務時間を確保できませんから、夜勤専従看護師の方が年収として見ると低くなります。

生活出来る範囲で稼いで、日中の時間確保を優先したい看護師の方が夜勤専従看護師としての仕事を希望されている場合が多いですね。

家庭の状況によっては夜勤の方が働く時間を確保しやすいという場合もありますよね。
誰もが交代制で通常勤務出来るわけではないですよね。

小さなお子さんがいる場合であっても、24時間託児所などのある病院で働く事ができれば夜勤をメインとして働く事は可能となります。

中には本業を持ちつつ給料アップのために週に1回、ダブルワークで夜勤専従看護師として働くという方もいます。

夜勤専従看護師の求人、募集す時の注意点

夜勤専従看護師としてこれから求人募集を探そう、という時の注意点としては、

・夜勤帯の看護師人数
・救急対応の件数
・慣らし日勤があるかどうか
・仕事内容
・仮眠が取れるかどうか
・残業具合
・申し送りの方法

これらにプラスして、小さなお子さんのいる方は、24時間対応の院内保育所の有無なども確認されると良いと思います。

高収入の夜勤専従看護師に飛びつかず、体力的に無理なく働きやすい職場を見つける事が大切ですよね。

夜勤専従看護師求人に強い紹介会社【※】 メニュー

夜勤専従看護師求人に強い紹介会社【※】 トップへ
夜勤専従看護師 常勤で働きたい
仮眠が取れる病院の夜勤専従看護師求人を見つけたい
夜勤専従看護師の求人でチェックしたいポイント

医療転職サイトlink

東京都内 整形外科 夜勤専従看護師求人
看護師夜勤バイト 19時など遅め勤務